介護用品における杖

介護用品における杖

介護用品の杖にはいろいろなタイプがあります。
まず、一般的な杖(ステッキ)は、折りたたみ式のものと何段階かに伸縮するものや、そうでないまっすぐなものもあります。
介護用品の杖(ステッキ)は、たいてい頑丈で軽いアルミ製のものがほとんどです。
価格は、2000円程度のものから一万円を超えるものまでいろいろあります。
介護用品の杖に限らず、一般的に柄の部分はアルマイト塗装がなされていて、傷が付きにくくなっています。
介護用品の杖には、この他クラッチといって、脇で支える部分と手で握る部分のハンドグリップがついているものがあります。
脇でなく腕で支えるように、アームカフがついているものもあります。
アームカフは、腕で支えられるように、リング状になっています。
介護用品のステッキとクラッチは両方杖ですが、クラッチの方が複雑なつくりなのでステッキよりも価格が高くなっています。
また、介護用品の杖で一番大切なのは、杖の先についているゴムです。
簡単に付けることができるので、定期的に付け替えないと、ゴムのグリップ力が低下して、介護用品の杖としての役目を果たさなくなってしまいます。
これらの杖の先のゴムは、ステッキ用とハンドグリップ用、クラッチ用で分かれています。
杖の中には、地面に付く部分が4本足や5本足のものもあります。
これらの先のゴムも常に点検しておきたいものです。
杖は使う人によって、最適な杖があるはずです。
どのような杖が適しているか、ケアマネージャーに相談すると良いでしょう。

関連ページ

介護用品について
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
介護用品レンタルの仕組みと利用法
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
介護用品の通販とカタログ
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
介護用品における手すり
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
介護用品におけるトイレ
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
介護用品における靴
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
介護用品における車椅子
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。