介護用品における手すり

介護用品における手すり

介護用具の中で、代表的なものが手すりです。
介護を受ける人が、出来るだけ自立して生活できるように生活支援をして行く上で、介護用具の手すりはまず必要です。
ベッドから降りて車椅子へ移動するための介護用具は、ベッドの周りに付ける手すりです。
また、便器を使う場合にも、立った姿から便座に座る動作の介護用具に手すりは必要です。
介護保険を利用して手すりを貸与してもらう場合には、介護用具の手すりを装着するのに特別な工事を必要としないものとなっています。
こうした介護用具の手すりは、トイレの周りに置いて、足が付いているものや、歩行訓練用に廊下に置くだけの手すりなどです。
この場合、要介護度によっても変わってきますが、最大で手すりのレンタル費用の9割が介護保険から支給されます。
使用者は一割の負担で介護用品の手すりを利用できます。
また、壁や廊下に沿って手すりが必要な場合には、介護保険の住宅改修費で介護用具の手すりを設置してもらうことができます。
これには、ケアマネージャーの理由書が必要ですが、工事にかかった費用の20万円までが介護保険から支給されます。
ただし、これは20万円のうちの9割が介護保険から支給されるもので、1割の2万円は自己負担金です。
もちろん、住宅改修を介護保険で利用する場合には、手すりが必要であることを申請し、許可が下りなければなりません。
地方によっては、住宅改修費の他に、助成金が下りるところもあります。
市町村に問い合わせてみると良いでしょう。

関連ページ

介護用品について
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
介護用品レンタルの仕組みと利用法
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
介護用品の通販とカタログ
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
介護用品におけるトイレ
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
介護用品における靴
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
介護用品における車椅子
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
介護用品における杖
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。