小規模多機能型居宅介護施設とは

小規模多機能型居宅介護施設とは

小規模多機能型居宅介護施設とは、要介護の高齢者が住み慣れた土地で、長年にわたって培ってきた人間関係、生活環境をできるだけ維持した状態で生活できるように、随時1ヵ所で利用できる複合的な介護施設のことを言います。
中心は「デイサービス」と呼ばれる「通い」ですが、「ホームヘルパー」の「訪問」や「ショートステイ」と言われる「短期間の泊まり」のサービスもあります。
利用者の要介護の状態や本人、家族の希望に応じて、サービスを選ぶことができます。
24時間、365日対応可能な地域密着型介護施設で、平成18年4月に介護保険制度が改正された時に創設されました。
主に利用することができるのは認知症を患った高齢者なのですが、認知症以外でも利用することはできます。
利用者は登録制になっており、1つの介護施設が引き受けることができるのは25名までとなっています。
このことで高齢者と介護スタッフとの間に密な人間関係を築くことができます。
小規模多機能型居宅介護に登録をしてしまうと、他の介護サービスが受けられなくなる、と言うシステムになっているために、今までのケアマネージャーの介護を受けることができなくなってしまいます。
従って人生の最晩年に新たな人間関係を築かなければならないストレスや不安などから、登録をためらう高齢者も少なくありません。
そのため利用者が定員に満たない介護施設もが多く、また、介護保険から支払われる報酬も個別サービスを行っている介護施設に比べて少ないことから、経営が不調な小規模多機能型居宅介護施設もあります。
利用する側から見れば、小規模多機能型居宅介護の最大の特色は定額制であるということで、毎月決まった利用料さえ支払えば、さまざまなサービスを、何度でも自由に受けることができると言う利点もあります。

関連ページ

介護施設について
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
介護施設の種類
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
介護施設の費用
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
認知症の介護施設
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
老人介護施設
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
医療費控除と介護施設
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。