介護施設の費用

介護施設の費用

介護施設には言うまでもなく無料で入ることはできません。
しかし有料老人ホーム、有料介護施設とされていても、かかる費用は「ピンきり」で、入居の際の一時金が全くかからない格安な介護施設もあれば、億単位費用が必要な豪華な介護施設もあります。
どんな所を選ぶかの基準は何と言ってもまず、当面必要な現金をどのくらい用意できるかと言うことでしょう。
さらにもしも入居した場合に、毎月どのくらいの金額を生活にあてることができるのか、貯金を崩す場合、病気になった時の治療費、葬儀代、趣味やレジャーにかける費用などを差し引いて、いくらぐらいが使えるのかを熟慮した上で、無理のない生活プランを立てなければなりません。
では一般的な介護施設では、どのような費用が必要とされているのか、具体的に見ていこうと思います。
まず必用なのが入居一時金と呼ばれる、入居の際に最初に必要な費用です。
ただしこれは通常のマンションとは違って終身利用権ではあるものの所有権ではありません。
無料の介護施設から億の費用が必要な施設まであります。
次は介護費用です。
介護施設によっては入居時に同時に支払う所もありますし、介護が必要になってから支払う所もあります。
続いては管理費です。
これは施設のサービスや管理の為に毎月支払う費用です。
施設によって金額はまちまちですが、夫婦で入居する場合には加算されることもあります。
さらに食事つきの施設の場合は、毎月の食費も必要です。
大体3万円〜6万円が相場となっています。
また水道光熱費が5千円〜2万円必要ですが、施設によっては管理費に含まれている場合もあります。

電話代や交通費、交際費など自分の趣味に使う費用などの個人的な生活費も必要です。
最後に病気になった場合や、もしもの場合の葬儀代などの、臨時の出費も覚悟しておかなければなりません。
これらの費用は施設に入居している間はずっと支払い続けるものですので、自分の資産ら無理なく支払うことができる施設を探しましょう。

関連ページ

介護施設について
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
介護施設の種類
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
認知症の介護施設
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
老人介護施設
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
医療費控除と介護施設
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
小規模多機能型居宅介護施設とは
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。