介護支援専門員とは

介護支援専門員とは

介護支援専門員は、別名をケアマネージャといい、要支援、要介護の認定調査結果に基づき、支援、介護を受ける人やその家族の要望をきいて、ケアプランを作成します。
「各種サービス事業を行う者等との連絡調整」や「要介護者等が自立した日常生活を営むのに必要な援助」をするのも、介護支援専門員の役割です。
介護支援専門員は、「介護保険法」に規定された専門職で、市町村から委託された場合には、要支援や要介護認定のための調査を行うこともあります。
介護支援専門員になるためには、毎年一回実施される「介護支援専門員実務研修受講試験」を受けて合格し、「介護支援専門員実務研修」の修了後、各都道府県の「介護支援専門員資格登録簿」に登録して、「介護支援専門員証」の交付を受けるのです。
この介護支援専門員実務研修受講試験の受験資格は、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、医師、歯科医師、薬剤師、保健師、柔道整復師、栄養士などの法定資格を有し、五年以上の実務経験がある人、もしくは、福祉施設などで十年以上の実務経験がある人、社会福祉主事任用資格や訪問介護員養成研修2級課程に相当する研修を修了し、相談援助業務に従事する人など、かなりハードルが高いものになっています。
介護支援専門員の就職先は、居宅介護事業所や介護支援センター、介護保険施設などが一般的ですが、中には介護支援専門員としての実務経験を積んだ後、独立する人もいるようです。

関連ページ

介護施設管理士とは
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
介護福祉士について
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
介護事務とは
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
訪問介護とホームヘルパー
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。