介護施設管理士とは

介護施設管理士とは

介護施設管理士とは、介護施設における、優秀な管理者のことです。
介護施設管理士は、介護ヘルパーや、ケアマネージャー、看護師等からなる職員や介護スタッフと協力して業務にあたるのですが、常に注意が必要な要介護者と、日常の生活を共にしながら、介護施設のサービスを充実させると伴に、経営もしていかなければならないのです。
金儲け主義に走りすぎることも考え物ですし、慈善事業ばかりでは経営が成り立ちませんので、介護サービスと経営とのバランスに気を配らなければなりません。
従って毎日のように重要な判断や裁断を求められることもあるでしょう。
そのため介護施設の責任者である施設長は、専門資格を有する必要があるのです。
介護施設管理士とは、介護に関するあらゆる知識をバランス良く習得して、尚且つ臨機応変に応用できなければなりません。
また施設の長でもありますので、色々な人間が集まる組織を統率できるだけのリーダーシップも必要になってきます。
つまり介護についての知識はもちろん、その知識を現場で対応して使える柔軟性、さらには経営の知識も習得していなければならないのです。
そのような人材を育成するために、医療介護ネットワーク協同組合では、管理士の認定試験制度をスタートさせたのです。
第一回の認定試験は、2008年(平成20年)6月に東京と大阪の2都市で実施されました。
合格者は介護施設管理士として認定されます。
医療介護ネットワーク協同組合では、今後は2大都市ばかりでなく全国的に認定試験の輪を広げていくことを目標としています。

関連ページ

介護支援専門員とは
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
介護福祉士について
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
介護事務とは
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
訪問介護とホームヘルパー
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。