介護を受けるなら?

介護に関する資格・仕事記事一覧

介護施設管理士とは

介護施設管理士とは、介護施設における、優秀な管理者のことです。介護施設管理士は、介護ヘルパーや、ケアマネージャー、看護師等からなる職員や介護スタッフと協力して業務にあたるのですが、常に注意が必要な要介護者と、日常の生活を共にしながら、介護施設のサービスを充実させると伴に、経営もしていかなければならな...

≫続きを読む

 

介護支援専門員とは

介護支援専門員は、別名をケアマネージャといい、要支援、要介護の認定調査結果に基づき、支援、介護を受ける人やその家族の要望をきいて、ケアプランを作成します。「各種サービス事業を行う者等との連絡調整」や「要介護者等が自立した日常生活を営むのに必要な援助」をするのも、介護支援専門員の役割です。介護支援専門...

≫続きを読む

 

介護福祉士について

介護福祉士とは、社会福祉の国家資格で、ケアワーカーと呼ばれることもあります。介護福祉士の仕事は、専門的な知識や技術で精神的、もしくは身体的に障害があって日常生活に支障をきたしている人の介護を行ったり、介護を行う人の指導をすることです。介護を必要とする老人の増加に伴い、介護福祉士のニーズはますます高ま...

≫続きを読む

 

介護事務とは

介護事務は、「介護報酬請求業務」を行います。介護保険ではサービス費用総額の一割を利用者が負担し、残りの九割を保険者が負担することになっているのですが、国保連合会にこの九割の介護報酬を請求するのが介護事務の主な仕事です。今後、介護サービスの利用者が増えるのに伴って、ますます必要とされる将来性の高い資格...

≫続きを読む

 

訪問介護とホームヘルパー

訪問介護とは、1997年に成立した介護保険法によると、要介護者または要支援者が居宅(自宅の他に軽費老人ホームや有料老人ホームなど厚生労働省令で定める施設の居室も含む)で介護を受けるもののうち、介護福祉士やその他政令で定める者により行われる入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話であって、厚...

≫続きを読む