介護予防とは?

介護予防とは?

介護予防とは、老化の初期の段階で対策をとることで、介護が必要になる状態を予防することをいいます。
要支援の認定区分が1、もしくは、2の人には、介護予防サービスが提供され、それ以上は症状が悪化しないようにするという取り組みです。
老化による衰えを年をとったから仕方ないと放置せず、積極的に改善のための努力をすることで、介護を必要としない健康状態を保てるでしょう。
自分の身の回りのことをするのがおっくうになってきたり、すぐにつまづいて転んでしまうようなら、足腰が弱ってきているので、ストレッチや筋トレが必要です。
尿失禁をするようになってしまったという人は、腹部や下肢、骨盤底筋を重点的に鍛えます。
尿失禁を恐れて外出をためらっていると、さらに足腰が弱ってしまいますから、尿モレ対策を万全にして外出するようにしてください。
物忘れが激しくなってきて、痴呆が心配だという人は、有酸素運動をして脳の血流をよくし、脳トレをするようにします。
食事があまりにもワンパターンになって低栄養の状態になってしまうと、老化が進んで病気になりやすくなるでしょう。
一日三食、栄養のある食事を摂ることが大切です。
東京都老人総合研究所では、介護予防について詳しく書いた「いつまでもイキイキ生活」というパンフレットを100円で販売しています。
このパンフレットには、自分でできる介護予防健診「おたっしゃ21」がついていて、他にも具体的な筋肉トレーニング方法や低栄養、痴呆などへのアドバイスも掲載しているのです。

関連ページ

介護認定とは?
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
介護食の種類
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。
介護技術について
介護サービスと一口に言っても、自宅を訪問するものや日帰りで行うもの、施設など様々に種類があります。もし介護サービスを受けるなら、サービスの種類や施設、保険などの注意点を詳しく知っておきましょう。