介護を受けるなら?

介護保険記事一覧

介護保険について

介護保険は、2000年の4月1日から施行された四十歳以上の人が強制的に加入する社会保険制度です。この社会保険の目的は、介護が必要な人や日常生活を送る上で支援が必要な人が、その必要な度合いに応じて介護サービスを受ける際の費用負担を減らすことにあります。この社会保険制度の導入には、介護や支援を受ける人だ...

≫続きを読む

 

介護保険の認定

介護保険のサービスを受けるには、介護保険の認定が行われなければなりません。介護保険の認定には、まず本人か、家族のどちらかが市町村の役所に連絡します。ここで、介護が必要な状態と、住所などの個人情報を知らせます。65歳以上の人は、介護や支援が必要となった時に申請し、40歳から64歳までは、老化が原因とな...

≫続きを読む

 

介護保険制度

介護保険制度は、介護が必要となった人のために、市町村や東京23区が運営主体となっている保険制度です。介護保険は40歳になった時、加入義務があり保険料を納めなければなりません。介護保険によって、サービスが受けられる人は、65歳以上の第1号被保険者と、40歳から64歳までの第2号被保険者です。第1号被保...

≫続きを読む

 

介護保険料

介護保険料は、40歳から64歳まででは、健康保険に加入している場合と、国民健康保険に加入している場合では、計算の仕方が違います。すべての人が同じ金額の介護保険料を納めているわけではありません。健康保険に加入している場合には、給料に応じて決まります。そして、事業主が保険料の半分を負担することになってい...

≫続きを読む

 

介護保険住宅改修

介護保険住宅改修というのは、介護保険で要介護や要支援と認定された場合に、身体的機能の状態に合わせて、自立しやすいように家をリフォームし、その改修費用を介護保険から一部負担するというものです。ただし、介護保険の住宅改修を利用して家を改修する場合には、支給対象となる工事種別が決まっているのでリフォームす...

≫続きを読む

 

介護保険特定疾病

介護保険制度でのサービスは、65歳からとなっています。けれども、40歳から64歳までの人が、もしも老化に伴う病気が原因で日常生活に支障をきたし、介護が必要とされる場合には、第2号被保険者となります。この老化に伴う病気というのが、介護保険特定疾病といわれるものです。介護保険法の総則には、「要介護状態の...

≫続きを読む

 

介護保険料率

介護保険の保険料は、40歳から64歳までは公的な医療保険に上乗せして負担します。ここで、公的な医療保険とは、国民健康保険や健康保険、共済保険などのことです。国民健康保険に加入している人の、介護保険料は、資産や所得に介護保険料率を掛けることによって、計算されますが、市町村によって介護保険料率は違います...

≫続きを読む